筋トレブログ.com

おすすめの筋トレ方法やダイエット情報をブログでご紹介。プロテインの人気ランキングやフィットネス・トレーニングジムの選び方などを大公開!

【自宅用】筋トレにおすすめのフラットベンチ5選と選び方!ダンベル・ベンチプレスに使えて便利!

flat-bench

家での筋トレにひとつあると便利なのがフラットベンチ(ベンチ台)です。

見た目は何の変哲もないベンチですが、これがあるだけでダンベルトレーニングを中心に様々な筋トレができます。

バーベルとスタンドを用意すればベンチプレスも可能です。

自宅で筋トレをする方は持っておいて損はない器具ですね。

今回は、フラットベンチの選び方おすすめのフラットベンチを紹介します。

スポンサーリンク


フラットベンチの選び方

フラットベンチって見た目はどれも似たり寄ったりなので、どうやって選べばいいかわかりにくいと思います。

ここではフラットベンチの選び方を解説します。

フラットベンチを選ぶ際のポイントは大きく、

  • 耐久性・安定性はバッチリか
  • 折りたたみタイプか普通のタイプか

のふたつです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

耐久性・安定性はバッチリか

フラットベンチを選ぶうえで最も重視したいのは耐久性安定性といった安全面です。

フラットベンチはダンベルを使ったトレーニングや時にはベンチプレスをする場合もあるので頑丈さが求められます。

価格が安いものはその分耐久性が低くグラつく場合もありますので、安易に激安価格のものを選ぶのはおすすめしません。

耐久性を判断するには耐荷重をチェックするのがいいでしょう。

耐荷重はどれぐらいの重さまで耐えられるかという目安になります(耐荷重を超えるとすぐに壊れるというわけではありませんが)。

ベンチプレスをしないのであれば150kg、ベンチプレスをするのであれば200kg程度あれば安心です。

もちろん、もっとハードなトレーニングをされる方はより耐荷重の重いものを選びましょう。

また、安定性についてはAmazonなどのレビューを参考にするのがおすすめです。

実際に使ったユーザーが詳しく良い点・悪い点を書いていますので選ぶ基準になりますよ。

折りたたみタイプか普通のタイプか

フラットベンチには脚が折りたためない普通のタイプ折りたたみ式のタイプがあります。

折りたたみ式は使わない時コンパクトに収納できるというメリットがあります。

ですがその分、耐久性や安定性では折りたためないタイプに劣る場合が多いです(もちろんメーカーや商品によって一概には言えませんが)。

ものによってはグラつく場合もあります。

基本的には折りたためないタイプの方がおすすめです。

折りたためないタイプでも、立てかければ割と省スペースで収納できますので。

ですが、「部屋のスペースが狭い」「使わない時はクローゼットに入れておきたい」などの場合には折りたたみ式でもいいでしょう。

折りたたみ式を選ぶ際は耐久性などを特にしっかり確認しておきましょう。

おすすめのフラットベンチ5選

リーディングエッジ フラットベンチ

リーズナブルでありながら耐久性抜群「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」のフラットベンチ。

耐荷重が200kgあるので高負荷のトレーニングでも安心です。

フレーム部分には7×5cmの極太フレーム、ベンチ部分には7cmの極厚ベンチシートを採用するなど安全性の高さに定評があります。

Amazonのレビューでも非常に好評で、数あるフラットベンチの中でもトップクラスの人気を誇ります。

1年間の製品保証が付いているので万が一の場合でも安心です。

初めてフラットベンチを買うならこちらを選べば間違いないですよ。

アイロテック フラットベンチEX

家庭用トレーニング器具で絶大な人気を誇る「IROTEC(アイロテック)」のフラットベンチ。

こちらはアイロテックのフラットベンチの上位モデルです。

3点支持構造フレームを採用し安定性が非常に高いのが特徴。

別売りのマルチパワーラックなどと組み合わせるとベンチプレスなどトレーニングの幅が広がります。

アイロテックは様々なダンベルやマシンなど様々なトレーニング器具を展開しているので、ブランドを統一できるのもメリットですね。

耐荷重の表示がないのだけがデメリットですが、品質の良さに定評がありレビューでも好評なアイロテックなので安心ですよ。

ワサイ 折りたたみ式 フラットベンチ

健康器具を幅広く展開する「WASAI(ワサイ)」のフラットベンチ。

こちらは折りたたみ式なので、脚をたたんでコンパクトに収納できるのがメリット。

使わない時はクローゼットや部屋の隅に収納しておきたい方に最適です。

折りたたみ式の割にはグラつきも少なく安定性が高いです。

Amazonで5,000円以下と価格がリーズナブルなのも魅力!

ただし、こちらは耐荷重が120kgなのでベンチプレスをするには向きません(もちろん120kgを超えたらすぐに壊れるというわけではありませんが)。

筋トレ初心者や女性の方は十分満足できると思いますよ。

ピュアライズ フラットベンチ

抜群の耐久性が自慢の「PURE RISE(ピュアライズ)」のフラットベンチ。

耐荷重が250kgあるのでダンベルトレーニングはもちろん本格的なベンチプレスでも余裕で耐えられます。

しなりやすい先端部分は補強してあるなど細部までこだわった作りです。

7cmの極厚シートは程よい硬さのクッションで腕や背中をしっかり保護してくれます。

グラつきもなく安定性も抜群!

自宅で高負荷の本格的なトレーニングをしたい方におすすめです。

アディダス フラットベンチ

みなさんご存じ世界トップクラスのスポーツブランド「adidas(アディダス)」のフラットベンチ。

アディダスのフラットベンチはデザインが最高にカッコいいのが魅力!

お馴染みのロゴマークと3本線が入ったシート、サイドのレッドカラーのラインなど「さすがアディダス!」と思わせるセンスの良さが光ります。

クオリティも高く耐荷重も200kgあるので安心!

お部屋に置いても恥ずかしくないカッコいいフラットベンチをお探しの方におすすめです。

まとめ

フラットベンチがあるだけで、筋トレの幅がグンと広がります。

自宅で筋トレをするなら持っておいて損はないですね。

1万円以下で買えるものが多いのでおすすめですよ。

 - 筋トレマシン・グッズ・ウェア紹介 ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

部活・サークルにおすすめのスポーツバッグ10選×2!人気のエナメルバッグからリュックタイプまで!

部活やサークル、ジムなどのスポーツシーンで必須になるのが大容量のスポーツバッグで …

自宅でできる!握力を鍛える4つのトレーニング方法・鍛え方

「握力を鍛えたいけど、あの握るやつぐらいしか思いつかない」という方、多いと思いま …

家でも筋トレ!自宅用ベンチプレスを購入する際のおすすめの選び方

筋トレをするためにジムに通ったはいいけど、「正直週に2~3回も通うのは大変、、」 …

ジム・運動におすすめのおしゃれなスポーツタオル12選!

スポーツジムでの運動やヨガ、ランニングなどで汗をかいた時、何かと必要なのがタオル …

おすすめのヨガマット・トレーニングマット5選と厚さの選び方!

ヨガ教室に通う場合はもちろん、自宅で筋トレやストレッチなどをする時にも何かと便利 …

サウナスーツでランニングする効果と危険性!デトックスにおすすめのサウナスーツ(メンズ・レディース)も紹介!

photo by Peter Mooney 発汗効果が高くダイエットに効果的だと …

アンダーアーマー・コンプレッションウェアのサイズの選び方

アンダーアーマーに代表されるピチピチのシャツ、通称「コンプレッションウェア」を購 …

チューブトレーニングのメリット・効果とおすすめのトレーニングチューブ&選び方!

みなさんも一度は目にしたことがあるであろう、筋トレ用のトレーニングチューブ。 「 …

スポーツジムで履くおすすめのトレーニングシューズは?選び方とメンズ・レディースの人気メーカーを紹介!

スポーツジムでウェアと並ぶ必需品と言えば、シューズですよね。 でも、ジムで履く靴 …

ジム・ランニングにおすすめのスポーツブラと効果・選び方!人気はワコールのCW-X!

女性のみなさん、スポーツジムでのフィットネスやヨガ、ランニング・ジョギングなどを …