部活・スポーツの必需品!おすすめのスクイズボトル5選とメリット・デメリット

amino-bottle

運動系の部活動などスポーツ時の水分補給に役立つのがスクイズボトルです。

スクイズボトルは安価で使い勝手がいいので練習や試合で使っているという方も多いと思います。

今回は、スクイズボトルのメリット・デメリットおすすめのスクイズボトルを紹介します。

スクイズボトルとは?─メリット・デメリット─

スクイズボトルは普通の水筒のような硬い素材ではなく適度に柔らかい素材を使用したボトルです。

柔らかい素材のため、ボトルを軽く握ることでドリンクを飲めるのが特徴です。

パック飲料をギュッと押すと中のドリンクが出てくるのと同じような感じですね。

「スクイズ=squeeze」とは「搾り出す」「ぎゅっと握る」などの意味があります。

握ることで飲めるボトルだから「スクイズボトル」ということですね。

ちなみに、野球の「スクイズ」も語源は同じです。

【メリット】ほぼワンタッチで簡単に飲める

普通のペットボトルや水筒だと、飲む時にキャップを開ける必要があります。

日常生活ならこれでも全然問題ないのですが、スポーツ中だと地味にめんどくさいです。

その点スクイズボトルなら、ほとんどワンタッチで飲めるので便利です。

【メリット】倒してもこぼれにくい

ペットボトルなんかだとキャップが開いた状態で倒してしまうと当然こぼれますよね。

勢いよく流れ出てちょっとした惨事です。

ですがスクイズボトルなら、もし倒してしまっても中身がこぼれにくいというメリットがあります。

多少出てくることはありますが、ペットボトルと比べれば雲泥の差でしょう。

【メリット】価格がとにかく安い

スクイズボトルは作りがシンプルな分、価格がとにかく安いです。

数百円で買えるものが多いので、シーズンごとに買い換えてもほとんど負担にはなりませんよね。

同じボトルをず~~っと使い続けるよりも衛生的ですし。

複数買って使い分けるのもおすすめです。

【デメリット】保冷効果が低い

スクイズボトルの唯一のデメリットは保冷効果が低いという点です。

これはスクイズボトルの構造上、どうしようもありません。

なので、スクイズボトルに入れたドリンクをあらかじめ凍らせてから持って行く方が多いですね。

保冷用のカバーを購入するのもおすすめです。

 

おすすめのスクイズボトル5選

ザバス スクイズボトル 1000ml

プロテインメーカーとして有名な「SAVAS(ザバス)」のスクイズボトル。

レッドとブラックのコンビにホワイトのロゴカラーがカッコいいです。

すべり防止のためのくびれデザインで持ちやすいのも嬉しい!

ポカリスエット スクイズボトル 1000ml

お馴染みのスポーツドリンク「ポカリスエット」のロゴマークが大きく入ったスクイズボトル。

Amazonでも特に人気の高いスクイズボトルのひとつです。

もちろんポカリスエット以外を入れるのもOKですよ!笑

ウイダー スクイズボトル 1000ml

「ウイダーinゼリー」で有名な「weider(ウイダー)」のスクイズボトル。

スポーティーな雰囲気が◎!

ワンタッチ式のプッシュプルキャップで使いやすいです。

ナイキ スクイズボトル 570ml

みなさんご存じ世界最大のスポーツメーカー「NIKE(ナイキ)」のスクイズボトル。

「さすがナイキ!」と思わせるスタイリッシュなデザインがカッコいいです。

飲み口がやや斜めになって飲みやすい形状なのもポイント!

モンベル プルトップアクティブボトル 700ml

日本が世界に誇るアウトドアブランド「mont‐bell(モンベル)」のスクイズボトル。

品質に定評のあるブランドだけあって作りがしっかりしています。

自転車のボトルホルダーにぴったりと収まるフォルムなのでサイクリングやランニングにもおすすめ!

まとめ

スクイズボトルはキャップを開ける手間がいらずサッと素早く飲めるのが魅力です。

部活動の強い味方ですね。

価格も安いのでぜひ試してみてくださいね。