筋トレとジョギングはどっちを先にする?無酸素運動と有酸素運動の順番について

「筋肉もつけてダイエットもしたい!」という方の中には、筋トレとジョギングやエアロビクスなどの有酸素運動を並行しておこなっている方も多いと思います。

実際、フィットネスクラブに行けば、さっきまでウエイトトレーニングで体をいじめ抜いていた人が今度はランニングマシンで黙々と走っている、、なんて光景をよく見かけます。

1回のトレーニングで筋トレとジョギング(ランニング)を両方する場合、みなさんはどちらから先におこなっていますか?

「どっちからしても同じでしょ?」と思うかもしれませんが、実はどちらを先にするかで効果が変わってくることがあります。

今回は筋肉を鍛えつつ痩せるために効果的な順番をご紹介します。

先に筋トレ、後からジョギングが正解

ジョギングなどの有酸素運動は筋肉の温度を上げるウォーミングアップ効果があることから、有酸素運動を先にするべきという意見があります。

これはこれで正解なのですが、筋力アップとダイエットを両立したいという場合には、先に筋トレ後からジョギングが有効です。

その理由を解説します。

効率的に脂肪を燃焼

先に筋トレをした後にジョギングをすることで、ダイエット効果がアップすると言われています。

これは、筋トレをすることで分泌される成長ホルモンによる効果です。

成長ホルモンには体脂肪を分解する働きがあり、筋トレをおこなうことで体脂肪が分解された状態になります。

この状態でジョギングをおこなうことで、分解された体脂肪が効率的に燃焼されるというわけです。

まずは筋トレで脂肪を燃焼しやすくしておいて、ジョギングでしっかり燃やすということです。

筋トレ→有酸素運動の流れにすることでより短時間で効率的にダイエットができるんですね。

体を動かすだけでも効果アリ

ハードな筋トレをした後にジョギングとなると、なかなかしんどいものがありますよね。

痩せるとはわかっていても、精神的にはキツいものです(笑)

そんな、みなさまに朗報!

筋トレ後に「ちょっとスーパーに買い物」や「リビングの掃除でもするか」でもダイエットに効果アリなんです。

もちろん、ジョギングやエアロビクスなどの本格的な有酸素運動をした方が効果は高いですが、筋トレ後に「体を動かす」という行為がダイエットには重要です。

筋トレ後には、意識的に体を動かすように心がけるだけでもかなり違ってきますよ。

くれぐれも、筋トレで疲れたから家でゴロゴロ~なんてことはやめましょうね(笑)

まとめ

筋力アップとダイエットの両方を効率よくおこなうには、先に筋トレをしてからジョギングなどの有酸素運動をするよう心がけましょう!

筋トレを先にするだけで、効率的に脂肪を燃やせるようになります。

また、ジョギングはしんどいなぁという方は意識的に「体を動かす」だけでもOKです!

「筋トレをしてから家事をする」「筋トレをしてから通勤する」などでも効果は期待できます。

今までジョギングを先にしていたという方は、順番を逆にするだけで効果がアップするかもしれませんよ!