筋トレの年齢と効果!中年や高齢者でも筋肉はつく!

勉強や英会話など、若いうちは覚えやすいことも年を取るとなかなか思うように上達しない、、そんな話をよく聞きます。

一般的に、何か新しいことに挑戦するなら若いうちの方がイイと言われますよね。

では、筋トレはどうなのか?

確かに筋トレも若い方の方が効果が出やすいですが、中高年の方でも効果は見込めます。

筋トレは、何歳から始めても、正しいフォームで継続的におこなえば年齢にかかわらず確実に筋肉は成長すると言われています。

筋トレ開始に遅すぎるはない

筋肉は人間の体の中で最も新陳代謝が活発な組織と言われています。

なので、年を取って筋肉が衰えたとしても、筋トレで刺激してあげることでまた成長を始めます。

筋トレはそれぞれに合った強度で行えば、中年のお父さん世代でも高齢者の方でも効果はあるのです。

若い人のようにマッチョになるための筋トレではなく、健康で若々しい身体を保つために筋トレをすべきです。

80歳以上の高齢者でも大丈夫

なんと、筋トレをすることで80歳や90歳の高齢者でも、筋肉を大きくする効果があることがわかっているそう。

筋トレをすると筋肉が鍛えられるのはもちろん、骨を強くする効果健康維持のためにも重要です。

筋トレで骨が強くなる!骨粗鬆症の予防にも効果的!

もちろん、若い頃とは違い関節や骨が弱っている可能性もあるので筋トレをする際は細心の注意を払う必要はありますが、「もう年だから、、」とあきらめるのは筋トレに関してはナンセンスですよ。

高齢でもトレーニングする有名人

女優の吉永小百合さんは今でも毎日腹筋・背筋を100回ずつやっているんだとか。。

腹筋・背筋100回なんて若い方でもなかなか難しいんじゃないでしょうか?

日々の努力のおかげであの美貌を保っておられるのでしょうね。

中年・高齢者が筋トレをするメリット

筋トレは危険だから高齢者はしない方がいい!なんて言われていた時代もあったようですが、昨今の平均寿命の増加、健康ブームによって高齢者にも筋トレを勧める声も出てきています。

中年・高齢者の方が筋トレをするメリットを紹介します。

自分に合った負荷・ペースでできる

テニスなどのスポーツは一緒にする相手がいないとできないうえ、高齢者になってレベルが落ちるとなかなか続かない、、なんてこともよくあります。

その点、筋トレなら誰のペースに合わせることもなく、自分に合った負荷・ペースでできるのがメリットです。

なにも、重た~いバーベルをあげたり、鬼の形相でスクワットしたりしなくてもいいのですから。

自分のできる範囲で継続的にトレーニングすることで、成果が表れる喜びを年を取っても体感できるのも嬉しいですよね!

筋肉の減少スピードを遅くする

筋肉は健康な人であっても年齢とともに減少していきます。

しかも高齢者になると急激に筋肉の減少スピードが上がります。

普通の生活をしているだけでも、筋肉はどんどん衰えていくのです。

ですが、筋トレを日常生活に取り入れることで、筋肉の減少スピードを遅くすることができます。

健康な生活を長く送るためにも、筋トレで足腰の衰えを最小限に食い止めましょう。

まとめ

中高年になっても定期的に筋トレをすれば確実に成果は得られます。

むしろ、筋トレをしなければどんどん足腰が衰えていってしまいます。

健康的な老後を送るためにもまずは始めてみましょう!

もう年だから、、は言い訳になりませんよ!!笑