筋トレでハゲるはウソ?ホント?筋トレで薄毛になるのはジヒドロテストステロンが原因だった!

「筋トレをしすぎるとハゲる」

都市伝説のように噂されている話です。

信じているという方も少なくないかもしれません。

確かにマッチョの人ってスキンヘッドだったり薄毛だったり(特に外国人)が多いような、、という気もしますよね。

今回は筋トレと薄毛の関係について解説します。

筋トレと薄毛の関係

筋トレをするとハゲると言われる一番の原因は男性ホルモンにあると思います。

筋トレをすると、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が分泌されます。

テストステロンには、筋肉増強や性欲の増進、やる気の向上、うつ病予防など様々な良い効果があると言われています。

ところが、このテストステロンが「5αリダクターゼ」によって「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変化することに問題があります。

筋トレをするとハゲると言われる理由は、このジヒドロテストステロンが関係しています。

ジヒドロテストステロンの影響

テストステロンから変化したジヒドロテストステロン。。こいつが実に厄介な存在なんです。

ジヒドロテストステロンには以下のような作用があるとされています。

  • 薄毛
  • 体毛の増加
  • 性欲減退
  • 前立腺肥大

う~ん、実によくない。。

あれだけメリットの多かったテストステロンがなぜこんな悪者に、、という感じです。

筋トレでハゲると言われる原因はジヒドロテストステロン

上で書いたジヒドロテストステロンの影響を見てもわかる通り、筋トレをするとハゲると言われる原因はジヒドロテストステロンにあります。

筋トレ→テストステロン分泌→ジヒドロテストステロンに変化→ハゲる

この流れを連想して、「筋トレ=薄毛」という噂が広まったと思われます。

基本的には影響ない、が、、

たしかに、筋トレをすると上記のような流れで薄毛になる可能性があるのは事実です。

ただし、誰でもハゲるというわけではありません。

というか、基本的には大丈夫と思ってOKです。

誰でもハゲるというならスポーツ選手やジムのインストラクターはみ~~んなハゲということになってしまいます。

そんな恐ろしい事態、起きてないですよね(笑)

つまり、基本的には筋トレをしてもハゲることはないが、

「もともと薄毛になりやすい人は、筋トレの影響で進行する可能性はある」

というのが実際のところです。

まとめ

筋トレによる薄毛の影響はなきにしもあらずですが心配するほどのことはないというのが結論です。

むしろ心配しすぎることによる精神的な影響の方が大きい気さえします。笑

継続的に筋トレをすることは理想のボディに近づくだけでなく、健康的な生活を送る上でもとても大事なことなので、

「筋トレするとハゲるからやらない」

なんて言わずにぜひトレーニングに励んでくださいね!