筋トレブログ.com

おすすめの筋トレ方法やダイエット情報をブログでご紹介。プロテインの人気ランキングやフィットネス・トレーニングジムの選び方などを大公開!

握力を鍛える!パワーボールの使い方と効果、回し方のコツ、おすすめのローラーリストボールを紹介!

nsd

握力を鍛えるトレーニンググッズとして人気のある「パワーボール(ローラーリストボール)」

アスリートから一般人まで世界中で使われています。

でもパワーボールって、ハンドグリッパーとかと違って使い方にコツがいるんですよね。

「買ったはいいけどうまく回せない」というあなた。

「効果はあるの?」と疑問のあなた。

「パワーボールに興味があるけどどれを買えばいいかわからない」というあなた。

よくぞこの記事を見ていただけました!笑

今回は、パワーボールの使い方・コツと効果、おすすめのパワーボールを紹介します。

ちなみに、おすすめのパワーボールは記事の下の方で紹介していますので、まだパワーボールを持っていなくて早くおすすめを知りたい方はそちらを先に見てくださいね。

スポンサーリンク


パワーボールって何?

この一見おもちゃのような丸い物体、これがパワーボールです。

パッと見ではまさか筋トレグッズだとは思いませんよね。笑

パワーボールは、丸いプラスチック素材(メタルのものもある)のケースの中に重さのあるボールが内蔵されたトレーニング器具。

手首を回すことでパワーボールの中にあるボールが回転して暴れるように動き、それを維持しながら回転させ続けることで手首から肘にかけての腕回りの筋肉や握力を鍛えることができます。

パワーボールの使い方と回し方のコツ

基本的な使い方

powerball-5
出典:アマゾン

パワーボール初心者の方がまず最初にぶち当たるのが、「パワーボールが上手く回らない」という問題です。

ですがその前に、パワーボールの使い方を解説しておきます。

最も基本的なパワーボールは「ひもで回転させるタイプ」です。

パワーボールの使い方の流れは、

付属のひもをパワーボールの中のボールの小さな穴に入れる
  ↓↓↓
ボールの溝に沿ってひもを巻きつける
  ↓↓↓
最後まで巻けたらひもを引っ張って中のボールを回転させる
  ↓↓↓
手首を回して中のボールの回転速度を高めてキープする

です。

でもまぁ、ここまでは知ってるよ!!という方も多いでしょう。

使い方はわかっても「中のボールの回転がうまく続かない」とお困りの方が多いと思います。

そこで次は回し方のコツを紹介します。

回し方のコツ

パワーボール初心者で回せないという方は動画のように手首をひねるようにすると回しやすいです。

慣れてくると意識してひねるようにしなくても、手首を軽く回すイメージで自然とできるようになります。

もうひとつのコツは、<無理に回そうとしないということです。 「回転させないといけないのに、回そうとしないとはこれいかに!?」と思うかもしれません。 ですが、ボールを回転させようとして力が入ると余計に回らないんですよね。

スポーツなんかで、「力が入ってうまくできなかったのに力を抜いたらうまくいった」なんて経験ありませんか?

それと一緒です。無理に力を入れても良いことはないんですね。

実際、上の動画を見ていただくと、回している人はあまり力を入れずなめらかに回しているのがわかると思います。

パワーボールを買って、「さぁやろう!!」と思っても初めのうちはうまく回せないものです。

ここでやめてしまう人がすごく多いんですよね。

ですが、これはあなただけでなく誰もが通る道です。

そこで投げ出さずに繰り返していると、自然とできるようになるので安心してくださいね!

ちなみに、慣れてくると下の動画ぐらい高速回転させられるようになりますよ。

パワーボールの効果とメリット

手首も握力も鍛えられる

握力を鍛える定番のハンドグリッパー(握力グリップ)は、ひたすら握力を鍛える器具です。

それに比べてパワーボールは握力に加えて手首(いわゆるリスト)を強化できます。

暴れまわるパワーボールをしっかり押さえながら回し続けるのは思った以上にキツいです。

3分もすると腕がパンパンになるのがわかるでしょう。パンパンになるということは、それだけ効いている証拠です。

単純な握力強化だけならハンドグリッパーに分がありますが、総合的に鍛えるならパワーボールがおすすめです。

“どちらかだけ”ではなく併用するのがベストでしょう。

関連記事:握力の鍛え方の定番!ハンドグリップの正しい負荷の選び方

関節への負担が少ない

パワーボールは関節への負担が少ないのもメリットです。

少ない負担で効果的に鍛えられるのが嬉しいですね。

手首を鍛えることで腱鞘炎の予防にもなるので老若男女問わずおすすめできます。

負荷を調節できる

パワーボールは手首の動きで簡単に負荷を調節できるメリットがあります。

手首の動きを速くすれば負荷も大きく、遅くすれば負荷も小さくなります。

はじめのうちは難しいかもしれませんが、慣れれば誰でもできるようになりますよ。

ハンドグリッパーの場合だと基本的には同じ負荷でしかトレーニングができないので、これは大きな違いです。

使う人の性別や年齢、筋力に合わせて、その人のベストな負荷でトレーニングができるのが魅力です。

おすすめのパワーボール

WILDER ローラーリストボール

Amazonでの評価・人気ともにトップクラスに高いパワーボール。

ひもで回転させる最もオーソドックスなタイプです。

価格的にもそこまで高くなく、機能性も申し分ないので特にパワーボール初心者の方におすすめです。

ちなみに、僕も初めてのパワーボールはコレを買いました。

握力にめっちゃ効く!パワーボール(リストボール)を使った感想と効果!

NSD パワースピナー オートスタート

最も有名なパワーボールブランド「NSD」のパワーボール。

オートスタート機能搭載なのでわざわざひもを使って回転させる必要がなくてとっても便利です。

音も安いものと比較するとかなり静かなのでテレビを見ながらでも十分できます(1,000円程度の安いものは音がうるさいので)。

価格はやや高めですが、長く使うことを考えるとこれくらいクオリティの高いものを持っておいて損はないですね。

NSD パワースピナー オートスタート LED カウンター

上と同じNSDのパワーボールで、数あるパワーボールの中でも最上クラスと言える豊富な機能性が魅力です。

オートスタート機能はもちろん、回転速度に合わせて3色に光るLEDマルチライト機能、デジタルカウンター機能が搭載されています。

カウンターでは、回転数、スピード、最高回転数などを計測できて便利です。

価格は8,000円以上しますが、一度買ってしまえばずっと使えるので本格派のパワーボールが欲しいという方にはおすすめですね。

まとめ

パワーボールはコツを覚えるとかなり効果的な筋トレグッズとして使えます。

ハンドグリッパーとはまた違った鍛え方ができるのでおすすめです。

パワーボールを選ぶ際は、1,000円程度の安価なものだと音がうるさいので、最低でも2,500円くらいのちゃんとしたものを購入するようにしましょう。

上で紹介したおすすめのパワーボールから選べば間違いないですよ。

 - 筋トレマシン・グッズ・ウェア紹介 , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ココがすごい!コンプレッションウェアの効果とおすすめのメーカー

出典:アマゾン スポーツジムやランニング、スポーツシーンでもよく見るピチピチのシ …

CW-X・JYURYU(ジュウリュウ)トップの効果とメンズ・レディースのおすすめウェアまとめ!

下着メーカーのワコールが展開するCW-Xといえばランニングタイツやスポーツブラが …

自宅用のおすすめランニングマシン・ルームランナーと選び方!家でのジョギング・ウォーキングに最適!

ランニングマシン・ルームランナーと言えばトレーニングジムでのエクササイズの定番で …

自宅でできる!握力を鍛える4つのトレーニング方法・鍛え方

「握力を鍛えたいけど、あの握るやつぐらいしか思いつかない」という方、多いと思いま …

「SKINS(スキンズ)」のスポーツタイツ&コンプレッションウェアの効果・種類とおすすめまとめ!

「ランニングやスポーツ用にスポーツタイツやコンプレッションウェアが欲しい」という …

アンダーアーマーの効果・評判・特徴とおすすめの種類を紹介!スポーツ・トレーニングにベストなウェアだよ!

スポーツ選手がよく着ている、あのピチピチしたトレーニングシャツのことを「アンダー …

自宅用パワーラックのおすすめ4選と選び方!家でもバーベルスクワットで鍛えよう!

「自宅でもジムのような本格的なトレーニングをしたい!」 という方におすすめなのが …

腹筋ローラー(アブローラー)の効果・使い方とおすすめの器具!腹筋を短期間で鍛える!

バキバキに6つに割れた腹筋、通称「シックスパック」は男のあこがれです。 女性から …

おすすめのハンドグリッパー(握力グリップ)と選び方のポイント3つ

握力を鍛えると言えば真っ先に思いつくのがハンドグリッパー(握力グリップ)ですよね …

安い!カッコいい!アーミーダンベルのメリット・おすすめポイントと実際に使った感想!

アーミーダンベルをご存じでしょうか? ゴツゴツした見た目! いかにもマッチョにな …