IROTEC(アイロテック)のダンベルの評判とおすすめの種類まとめ!

自宅用のダンベルとして人気の高いIROTEC(アイロテック)のダンベル。

Amazonのレビューでも高評価を獲得しています。

この記事を見ている方は、「アイロテックのダンベルを買おうか迷っている」という方が多いと思います。

そこで今回は、アイロテックのダンベルの評判価格おすすめの種類を紹介します。

IROTECのダンベルの評判

IROTECのダンベルの種類とおすすめまとめ

IROTEC(アイロテック)のダンベルは主に以下の4種類があります。

  • ダンベルセット(ラバー)【おすすめ】
  • ダンベルセット(アイアン)
  • ジムダンベル(ラバー)
  • ジムダンベル(クローム)
  • アイアンヘックスダンベル

各種類ごとに重さも選べますので、選択肢は非常に多いです。

特におすすめなのは「ダンベルセット(ラバー)」です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

ダンベルセット(ラバー)【おすすめ】

「IROTEC(アイロテック)」のダンベルで最もおすすめなのがラバータイプのダンベルセットです。

こちらは複数のプレート(重り)がセットになっていて、プレートの組み合わせで重さを変えられるのがメリット。

トレーニングの種目によって重さを変えたり、トレーニングを積んで筋肉がついてくれば重量を増やしたりできるので便利です。

また、ラバーが巻いてあるので万が一落としても床に傷がつきにくく、安全性も高いです。

ラバータイプのダンベルセットは20kgセット、30kgセット、40kgセット、50kgセット、60kgセットの5種類があります。

一番人気なのは40kgセット(片手20kg×2)です。

「40kgセットは重すぎるんじゃない?」と思うかもしれませんが、ダンベルトレーニングは種目によって最適な重量がかなり変わりますし、筋トレを続けることであげられる重量が増すことを考えると、これぐらいの重さがある方が良いと思います。

40kgセットでもプレートを外すことで2.5kg(片手)まで重さを軽くできるので、初心者の方でも安心です。

▽40kgセット(片手20kg×2)▽

▽30kgセット(片手15kg×2)▽

▽60kgセット(片手30kg×2)▽

 

ダンベルセット(アイアン)

こちらはアイアンタイプのダンベルセット。

上で紹介したダンベルセットのラバーがないバージョンです。

ラバーがついていないので安全性は劣りますが、その分価格は若干リーズナブルです(40kgセットで1,000円ほど安いです)。

ラバータイプと同じく、プレートを付け外しできるので自由に重さを変えられるのが便利です。

アイアンタイプのダンベルセットも20kgセット、30kgセット、40kgセット、50kgセット、60kgセットの5種類があります。

こちらも人気なのは40kgセット(片手20kg×2)です。

基本的には上で紹介したラバータイプがおすすめですが、重さを変えられてより価格が安いのが良い方はアイアンタイプもありですね。

▽40kgセット(片手20kg×2)▽

▽30kgセット(片手15kg×2)▽

▽60kgセット(片手30kg×2)▽

 

ジムダンベル(ラバー)

こちらはラバータイプのジムダンベルシリーズ。

全体をラバーでコーティングしているため、安全性が高く防音床の保護にも役立ちます。

ラバータイプのジムダンベルは重さの種類が豊富なのがメリットです。

なんと、7.5kg、14kg、18kg、20kg、22kg、34kg、42kg、44kg、46kg、48kg、50kgの11種類が用意されています(1本での販売です)。

初心者でも扱いやすい軽量タイプから超本格的な重量タイプまで揃っています。

ジムダンベルは一体成型で重さを変えることはできませんが、安全で使いやすいので「重さを変えられなくても良い」という方にはおすすめですね。

▽7.5kg(片手のみ)▽

▽14kg(片手のみ)▽

 

ジムダンベル(クローム)

▽5kg(片手のみ)▽

▽3kg(2本セット)▽

 

アイアンヘックスダンベル

ダンベルというよりは”鉄アレイ”の方がしっくりくる見た目です。

▽5kg(2本セット)▽

▽8kg(片手のみ)▽

 

まとめ