筋トレブログ.com

おすすめの筋トレ方法やダイエット情報をブログでご紹介。プロテインの人気ランキングやフィットネス・トレーニングジムの選び方などを大公開!

自宅用パワーラックのおすすめ4選と選び方!家でもバーベルスクワットで鍛えよう!

photo credit: Chun Kit To

「自宅でもジムのような本格的なトレーニングをしたい!」

という方におすすめなのがパワーラックです。

パワーラックがあれば、スクワットベンチプレスといった本格的なウエイトトレーニングが自宅でも行えます。

とはいえ、パワーラックは高い!!

そして場所をとる!!

テキトーに買って「やっぱ合わないから捨てよ~」というわけにはいきません。

そこで、自宅用パワーラック購入で失敗しないための選び方のポイントとおすすめのパワーラックを紹介します。

スポンサーリンク


パワーラックの選び方と注意点

サイズが合っているか

まず、最初に確認しておきたいのがサイズです。

「買ったはいいけど部屋(使う予定の場所)に入らなかった!」なんてことになったら笑えません。

いや、ホントに。。

サイズ確認の際に注意しておきたいのが、ギリギリ入るくらいでは厳しいということです。

その理由は、ベンチプレスやスクワットで使用するバーベルの存在があるからです。

パワーラックのサイドの幅よりもバーベル部分が飛び出してしまうので、その部分の長さを考慮しておかないと「パワーラック自体は入ったけどトレーニングできない!」という事態に陥るわけです。

ね?出っぱってるでしょ?

バーベルのおもりを変えることもあるわけなので、広さには余裕をもっておきましょう。

また、高さにも注意が必要です。

パワーラックは普通のトレーニングマシンと比べてかなり高さがあります。

なので、購入前にパワーラックの高さをしっかり確認(販売ページに記載されています)して、置くお部屋の高さが十分かもチェックしておきましょう。

耐荷重は十分か

スクワットの場合、相当なおもりを使うことになりますので、パワーラックはそれに耐えられるだけの頑丈さが求められます。

そこでチェックしておきたいのが耐荷重です。

あげる重さは個人差がかなりあるので一概には言えませんが、200kg以上の耐荷重があると安心です。

200kg以上のウエイトをあげる予定がある方は、ご自身のレベルに合わせて判断しましょう。

安さだけで選ぶと耐荷重が低かったり、ぐらつきがあったりするので注意が必要です。

下手をすれば命に関わるほどのウエイトを扱うわけですからしっかりしたものを選びましょう。

ハーフタイプかボックスタイプか

一般的にパワーラックというと、上まで覆われたボックス型のものを思い浮かべると思います。

ですが、それ以外にもハーフタイプと呼ばれる形のパワーラックもあります。

それがこんなやつです。

正式には「スクワットラック」と呼ばれますが、これもパワーラックのうちに含まれたりします。

こちらのハーフタイプはボックスタイプと比べて高さが低いのがメリットです。

「ボックスタイプは高さ的に厳しい」という方におすすめですね。

価格もハーフタイプの方がかなり安いです。

ただし、ハーフタイプはセーフティーラックが短いものも多いので、スクワットをする際は十分注意する必要があります。

おすすめのパワーラック4選

これらの注意点を考慮したおすすめのパワーラックを4つ紹介します。

今回紹介するのは耐久性安全性にこだわっているので、それなりに高いです。

ただ、作りがしっかりしていない安物を買って後悔するぐらいなら高くても定評のあるものを使う方がいいでしょう。

アイロテック マスキュラーセットR140

家庭用トレーニングマシンで評価の高い「IROTEC(アイロテック)」のパワーラックセット。

パワーラック本体はもちろん、バーベルやプレート、ベンチ台などが全て揃った充実の内容です。

これさえあれば、ジムに行かずともベンチプレス・スクワット・ラットプル・懸垂・レッグエクステンションなどあらゆるトレーニングができます。

数あるパワーラックの中でも使い勝手はトップレベルです。

耐荷重の記載がないことだけがデメリットですが、140kg分のおもり(バーベル含む)がセットになっているので最低でもそれ以上は耐えられる設計になっています。

ラックサイズ:W116 × D145 × H219cm

アイロテック パワーラック V-MAX

「IROTEC(アイロテック)」からもう一台。

こちらは5万円台でボックス型のパワーラックとしては買いやすい価格なのが価格が魅力。

価格は安いですが、頑丈でグラつきもなくクオリティも非常に高いです。

Amazonのレビューでも高評価を獲得しています。

上部には懸垂バーがあるので懸垂トレーニングもOK!

非常におすすめ度の高いパワーラックです。

ラックサイズ:W115 x D114 x H210cm

※バーベル・ベンチ等は付属していません。

中旺ヘルス 日本製パワーラック

日本製の安心感が魅力の「中旺ヘルス」のパワーラック。

耐荷重300kgの本格派です。

筋トレ上級者でも十分満足できるでしょう。

ただし、価格も本格派です(笑)

ラックサイズ:W120 x D139 x H220cm

※バーベル・ベンチ等は付属していません。

アイロテック パワースクワットラック

こちらは「IROTEC(アイロテック)」ハーフタイプのパワーラック。

高さが163cmでボックスタイプと比べて低いので、天井が低くても余裕で置けるのがメリットです。

別売りのベンチ台と組み合わせるとベンチプレスなど幅広いトレーニングができて使い勝手も◎!

価格も3万円台とリーズナブルなので買いやすいのも嬉しいです。

耐久性も高く自宅で気軽にスクワットしたい方におすすめ!

ラックサイズ:W110 × D138 × H163cm

※バーベル・ベンチ等は付属していません。

まとめ

パワーラックは100kg以上の重さを扱うことも普通にあるものなので、安さで選ぶべきではありません。

頑丈さと安全性を最優先に考えましょう。

また、サイズには十分注意しましょう。

部屋に入らなかったらシャレになりませんから(笑)

それと、自宅でスクワットをするならパッドベルトは合わせて用意しておきましょう。

関連記事:スクワットで巻くトレーニングベルトの効果・メリットとおすすめ3選!

▽おすすめのパッド▽

▽おすすめのベルト▽

 - 筋トレマシン・グッズ・ウェア紹介 , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

バランスボールの効果・使い方とおすすめ4選!座るだけでダイエットになるよ!

ひとつあるだけで筋トレからストレッチまで幅広く使えるバランスボール。 体幹トレー …

腕立て伏せで手首が痛い方必見!たった1,000円で手首の負担を減らせるトレーニング器具

腕立て伏せでよくある悩みのひとつに「手首が痛い」というのがあります。 自分の全体 …

チューブトレーニングのメリット・効果とおすすめのトレーニングチューブ&選び方!

みなさんも一度は目にしたことがあるであろう、筋トレ用のトレーニングチューブ。 「 …

no image
あると便利!スポーツジムで着けるおすすめの腕時計5選と選び方!

みなさんはスポーツジムで腕時計をしていますか? ジムやフィットネスクラブには基本 …

おすすめのC3fitゲイターと効果!インスピレーションゲイターとパフォーマンスゲイターの違いも解説!

日本を代表するスポーツメーカー「GOLDWIN(ゴールドウィン)」が手がけるハイ …

no image
【メンズ・レディース】ランニング・スポーツにおすすめのニットキャップ・ビーニー8選!

冬場のランニングって耳がとても冷たいですよね。 なので、耳まですっぽりと覆えるニ …

no image
冬用に人気!アンダーアーマー・コールドギアのコンプレッションウェア&タイツの効果とおすすめまとめ!

ピチピチのシャツ(通称:コンプレッションウェア)でお馴染みの「UNDER ARM …

no image
ランニングマシン・ルームランナーの下に敷くおすすめのマット4選!防音・防振・床の保護に必須!

自宅でランニングやジョギングをするために、ランニングマシン(ルームランナー)を購 …

人気・おすすめのプロテインシェイカーまとめ!選び方のポイントも紹介!

プロテインを飲む際の必需品と言えば、プロテインシェイカー(プロテインシェーカー) …

自宅に置くおすすめのトレーニングマシン5選と選び方!家でも本格的な筋トレをしたい方に最適!

「家でもジム並みの本格的なトレーニングがしたい!」とお考えの方は多いと思います。 …