筋トレブログ.com

おすすめの筋トレ方法やダイエット情報をブログでご紹介。プロテインの人気ランキングやフィットネス・トレーニングジムの選び方などを大公開!

筋トレの時間帯は夕方が効果的!朝・夜・食後にするのはダメ?

clock_mini

筋トレはいつやるのが効果的なのか?

やってはいけない時間帯はあるのか?

トレーニングに関するよくある疑問のひとつだと思います。

その答えは実に単純。

「筋トレを継続的に続けやすい時間帯ならいつでもいい」というのが基本です。

サラリーマンの方であれば平日は朝から晩まで仕事でトレーニングは早朝か仕事終わりにしかできないという方も多いでしょう。

サービス業の方であればシフト制で勤務時間がバラバラで決まった時間にトレーニングできないという場合もあります。

他にも、主婦さんや学生さんなど人によってトレーニングに使える時間帯というのは違ってきます。

なので、自分のライフスタイルに応じて自分にとって続けやすい時間帯にトレーニングするようにすればいいのです。

筋トレは続けることが肝心ですからね。

が、しかし!!

筋トレに適した時間帯やあまり適していない時間帯があるのは事実です。

筋トレをする時間帯によってトレーニングの効果が変わってきたり、ケガの可能性を減らすことができたりします。

今回は、もし休日などで好きな時間にトレーニングができるのであれば、おすすめしたい時間帯できれば避けたい時間帯について解説します。

スポンサーリンク


筋トレに最適な時間帯

おすすめは夕方16~18時

筋トレに最適な時間帯は夕方の16~18時です。

人間の体温は朝のうちよりも午後に高くなるという特徴があります。

体温が高くなっている午後の方が体を活発に動かすことができトレーニングの効果も高まりやすいのです。

その中でも、体温が高くなり活発な活動に最も適した体内環境になるのが、夕方16~18時と言われています。

人間は昼間に活動して夜間は休息する昼行性動物なので、夜にかけては次第にお休みモードへと切り替わっていきます。

つまり、夕方16~18時頃に筋トレをするのが最も効果的だということです。

筋トレの時間をある程度選べるようであればぜひ夕方にトレーニングすることをおすすめします。

筋トレをできれば避けたい時間帯

早朝

人間の体温は朝のうちが低く午後にかけて上がってくると言いました。

体温が低いと体の動きも鈍ります。

よく、寝起きは身体の動きが悪かったりしますよね。

あれは体温が低くて活動する状態になっていないことが原因のひとつです。

このことからもわかる通り、早朝はもともとトレーニングするには適していない時間帯なのです。

また、早朝は筋肉が硬直していることでケガのリスクも高まってしまいます。

早朝からのハードなトレーニングはできれば避けたい時間帯であると言えるでしょう。

ただ、サラリーマンの方などで「日中は仕事だから出勤前にトレーニングしたい」という方もいらっしゃると思います。

朝にトレーニングする場合には準備運動を入念におこないましょう。

軽く体を動かして身体を温めてから筋トレをすることでパフォーマンスの向上やケガのリスクを減らせます。

ストレッチもしっかりおこなって筋肉をほぐしておくことも大切です。

寝る直前

夜にトレーニングすること自体は悪いことではありませんが、寝る直前の筋トレは避けたいところです。

なぜなら、寝る直前に激しい運動をすると興奮で寝つきが悪くなる可能性があるからです。

就寝前はできるだけ安静にしていた方が、スムーズに寝られて睡眠の質も上がります。

寝る前の激しいトレーニングは極力避けるべきです。

遅くとも就寝の1時間前にはトレーニングを終えるように心がけましょう。

食後すぐ

食後すぐというのは、食べ物の消化をおこなうために血液が内蔵に送られています。

内蔵がガンガン働いている状態です。

そんな時に負荷が大きい筋トレをしてしまうと、消化のために働くはずだった血液を筋肉の方に回さざるをえなくなります。

そうなると、少ない血液で消化を行うことになるため内蔵に大きな負担がかかってしまいます。

食後にすぐ運動してお腹が痛くなったなんて経験、誰にでもありますよね。

食後の運動は避けるべきというのは身をもってわかっているはずです。

消化不良をおこしたり気分が悪くなったりと体に悪影響が出る恐れがあるので注意しましょう。

空腹時

空腹時とはお腹ペコペコの状態のことです。

空腹時には最大のパワーを出すことができないので筋肉を限界まで疲労させることができません。

これではトレーニングの効率が悪くなってしまいます。

また、空腹で集中できずにトレーニングの精度が落ちる場合もあります。

ケガにつながる恐れもあるので気を付けましょう。

さらに、筋肉が減少する可能性もあります。

「筋トレをしているのに筋肉が減少するってなんで?」と思う方も多いでしょう。

これは「カタボリック」と言って、体に栄養が不足している時に筋肉を分解してエネルギーにしてしまう状態のことです。

筋トレには相当なエネルギーを必要としますが、そのエネルギーを確保するために筋肉を分解してしまうというわけです。

お腹ペコペコで栄養が不足している状態での筋トレは、逆に筋肉を減らしてしまうというのは本末転倒な話。

空腹時の筋トレも避けるようにしましょう。

まとめ

筋トレができる時間帯は人それぞれなので、自分が継続しやすい時間帯を見つけることが基本中の基本です。

効果的に筋トレをしたいならおすすめの時間帯は16~18時。

昼食をしっかりとって体温も上げた状態での夕方のトレーニングが最適です。

早朝や就寝直前、食後すぐ、空腹時のトレーニングにはデメリットがあるのでできれば避けるようにしましょう。

 - 筋トレの豆知識 ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

run-woman
有酸素運動の効果・メリットと種類まとめ!ダイエット・健康維持におすすめ!

ランニングやウォーキングに代表される運動のことを有酸素運動というのはみなさんご存 …

ha_mini
筋トレでハゲるはウソ?ホント?筋トレで薄毛になるのはジヒドロテストステロンが原因だった!

「筋トレをしすぎるとハゲる」 都市伝説のように噂されている話です。 信じていると …

ojii_mini
筋トレの年齢と効果!中年や高齢者でも筋肉はつく!

勉強や英会話など、若いうちは覚えやすいことも年を取るとなかなか思うように上達しな …

bottle_mini
ダンベルの代用で水や砂入りのペットボトルを使うのはあり?メリット1つとデメリット4つ。

「筋トレやダイエットのためにダンベルトレーニングをしたいけど、ダンベルを買うのは …

bone_mini
筋トレで骨が強くなる!骨粗鬆症の予防にも効果的!

筋トレの目的といえば筋肉を鍛えることです。 ですが実は、筋トレで強化されるのは筋 …

body_mini
速筋(白筋)と遅筋(赤筋)の違いは?筋肉の種類と構造について

筋肉は筋繊維という髪の毛一本ほどの細長い繊維状の細胞を束ねたものです。 筋肉を構 …

diet_mini
筋トレがダイエットに効果的な理由とおすすめのトレーニング方法!痩せたい女性は体を鍛えよう!

痩せたい、細くなりたい、スタイルがよくなりたい、、、これは多くの女性の共通の願い …