筋トレブログ.com

おすすめの筋トレ方法やダイエット情報をブログでご紹介。プロテインの人気ランキングやフィットネス・トレーニングジムの選び方などを大公開!

自宅で使えるおすすめのバーベルセット(プレート&シャフト)と選び方

Phot credit: WODshop Inc.

スクワットやベンチプレスなどのフリーウエイトを行うには必須の筋トレ器具「バーベル」

スポーツジムやフィットネスクラブの定番です。

そんな本格的な筋トレを家でも行うために、バーベルを買おうかなとお考えの方のために、自宅用バーベルセットの選び方とおすすめを紹介します。

スポンサーリンク


バーベルセットの選び方

Photo credit: Eric McGregor

まずはバーベルセットの選び方から。

バーベルセットは、シャフト(棒の部分)とプレート(おもり)で構成されている超単純な筋トレ器具です。

なので、選び方についてもシャフトとプレートの長さや形状といった部分がポイントになってきます。

バーベルセットを選び方のポイントは、

  • シャフトの長さ
  • プレートはアイアンかラバーか
  • バーベルセットのおもりの重量

の4つが大きいです。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

シャフトの長さ

long

バーベルのシャフトの長さには、主に160cm、180cm、200cmの3種類があります。

自宅用のバーベルであれば、基本的には180cmを選ぶのが一番ベターです。

ただし、180cmというのはあくまで基本。

例外もあります。

例えば、バーベルを置こうと思っているお部屋が小さい場合。

「長いシャフトのバーベルを買ったはいいけど、いざトレーニングをしようと思ったら幅が足りない!」

なんてことになったらシャレになりません。

なので、バーベルを買う際は置く予定の場所の幅を事前に測っておくこと。

これが鉄則です。

また、測ってみて「部屋の幅にピッタリ収まるぜ!」となっても、プレートを付け替えるスペースも必要ですし、トレーニング中にバーベルが左右にブレる可能性もあるので、幅には余裕を持たせておく必要があります。

例外をもうひとつ。

例えば、バーベルでベンチプレスをしたい場合、ベンチ台を購入する必要があります。

その場合、ベンチ台のラックの幅がワイド仕様の場合だと短いバーベルでは幅が合わない可能性がありますので、200cmのバーベルを購入した方がいいです。

まぁ、ベンチプレス目的でバーベルを買う方はベンチ台もあらかじめセットになったものを買うのがベストなので、以下の記事を参考にしてみてください。

家でも筋トレ!自宅用ベンチプレスを購入する際のおすすめの選び方

スクワットをしたい方はバーベルとあわせてパワーラックを購入しましょう。

自宅用パワーラックのおすすめ4選と選び方!家でもバーベルスクワットで鍛えよう!

最近はネットで買う場合でもシャフトの長さを3種類から選べる場合が多いですが、販売ページではシャフトの長さを確認してから買うようにしましょう。

プレートはアイアンかラバーか

シャフトにつけるプレート(おもり)には、鉄むき出しの「アイアンプレート」とゴムがかぶせられた「ラバープレート」があります。

▽アイアンプレート▽

▽ラバープレート▽

価格的にはアイアンプレートのバーベルセットの方が安いのですが、安全面などを総合的に考えるとラバープレートのセット断然おすすめします。

ラバープレートなら、アイアンプレートと比べて床を傷つけにくいというメリットがあります。

バーベルは何十キロもあるものなので、アイアンだと軽く置いたつもりでも傷がつきやすいです。

その点、ラバーなら多少雑に扱っても床が傷つく可能性は低いです。

また、万が一落とした場合もラバーがついていた方が安全ですし。

価格的にはやや高くなりますが、ラバータイプを選んだ方があとあと後悔せずに済むと思いますよ。

バーベルセットのおもりの重量

Photo credit: Marijuana Muscle

バーベルセットにはプレート(おもり)がついてきます。

問題は何kgセットのものを買うか。

これはどんなトレーニング種目をするか、自分の実力がどの程度かによっても大きく変わってきます。

例えばバーベルスクワットをしたい場合なら、80kg以上あった方がいいかもしれません。

なので一概には言えないのですが、初めてバーベルセットを購入する方であれば、50kgセットか70kgセットがおすすめです。

これぐらいのおもりがあれば様々なトレーニングを自宅で行うことができます。

実際に人気があるセットもこれぐらいの重量のものです。

逆に、30kgセットとかだとベンチプレスをするには物足りないと思います。

それならダンベルでも十分かなという感じですね。

まぁ、プレートは後から買い足すこともできるので、ご自身のレベルに合わせて重さを選ぶようにしましょう。

おすすめのバーベルセット5選

IROTEC(アイロテック) ラバー バーベル ダンベル 70KGセット

高品質でありながらリーズナブルで初心者でも購入しやすいと評判の「IROTEC(アイロテック)」 のバーベル・ダンベルセット。

Amazonのレビューでの評価もとても高いです。

このセットの最大のおすすめポイントは、バーベルシャフトの他にダンベルシャフトも付属しているという点です。

なので、これさえあれば自宅にいながらありとあらゆるフリーウエイト種目を行うことができます。

70kgセットなら中級者までであれば十分な重さなので本格的な筋トレもできますよ。

70kgセットの他に、50kgセットや100kgセットもあります。

シャフトの長さは標準180cmですが、160cmまたは200cmへ変更もできますよ。

▽50kgセットはこちら▽

▽100kgセットはこちら▽

 

FIGHTINGROAD(ファイティングロード)バーベル ラバータイプ 50kgセット

低価格がウリの筋トレ器具ブランド「FIGHTINGROAD(ファイティングロード)」のバーベルセット。

品質面の評価はアイロテックに劣りますが、安くでバーベルセットを購入したい方に人気です。

価格は安いですが筋トレ器具の定番ブランドなので、もちろん安全面で全く問題はありませんよ。

初心者でもバーベルトレーニングのやり方がすぐわかるように、なかやまきんに君のトレーニング解説DVDがついてきます。

IVANKO(イヴァンコ) ラバーバーベルセット 80kg

世界的に有名なトレーニング器具メーカー、IVANKO(イヴァンコ)のバーベルセット。

イヴァンコの魅力は、圧倒的な品質の高さ

耐久性、グリップ感、ゴム臭がほとんどしないなど、最高峰の品質と言われるトップメーカーです。

トレーニングの本場アメリカでは、パワーリフティングの大会でイヴァンコ製品が標準となっていたり、全米のほとんどのスポーツジムで使用されていたりするそうです。

ただし、イヴァンコのバーベルはとにかく高いです。

アイロテックの倍以上しますので、そこだけは注意してくださいね。

まとめ

バーベルを購入する際は、まずは部屋のサイズが大丈夫かは事前に必ず確認しておきましょう。

安いものではないので、失敗したら困りますからね。

価格もピンキリなのでご自身の予算とも相談しながら選んでくださいね。

 - 筋トレの記事 ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

up_mini
アディダスのプッシュアップバーを購入!使った感想と効果を書いてみる

腕立て伏せの効果を最大限引き出せると人気のプッシュアップバーを購入しました。 い …

training-muscle
腕を太くする筋トレ!上腕二頭筋・三頭筋の鍛え方・トレーニング方法まとめ!

たくましい腕を手に入れるために、上腕二頭筋や上腕三頭筋を鍛えたいという方は多いと …